見るのも良し、乗るのもよし、飛行機は最高だ!

古来より人類は大空に憧れ、鳥のように空を飛ぼうと試行錯誤を繰り広げてきました。気球、ハングライダー、オーニソプターや飛行船といったあらゆる試みが生まれた中で、リリエンタールやライト兄弟がその基礎を築いた航空機は数々の戦争や技術革新を経て、21世紀になった今もその姿を変えながら世界中の空を飛びまわっています。

その飛行機の進化はとどまる事を知らず、現在も世界中で新鋭機が次々と誕生していますが、その中でも新型旅客機の代表格と言えるのがアメリカのボーイング社が開発した「787型」です。満を持して登場した新型機787は、これまでのボーイング機とは大きく異なる特徴を備えており、俗に“ハイテク旅客機”などと呼ばれる由縁である、機体の随所に施された電子化にその一端を窺うことができます。しかしながら、787はロールアウトから1号機の初飛行当日まで、多くのトラブルを抱えていたのも事実。電子制御が祟ったのか、あるいは構造そのものが複雑すぎたのか…。ともあれ、初飛行を終えた787は、無事に就航と相成りました。

完成に至るまで、この最新鋭機ボーイング787は一体どんな道のりを辿ってきたのでしょうか?そこで、このサイトでは、2010年に初飛行を遂げた期待のボーイング787の姿に迫っていきます。苦労が絶えなかった初飛行はもちろん、ボーイング787の祖先にあたるボーイング社の名機たちも併せてご紹介します。

このサイトを読めば、飛行機に興味のある人、ない人を問わず、きっとボーイング787のことが気になるはずです。興味がわいたらぜひ、ボーイング787を見に行きましょう!

Return To TOP